化粧品の保存方法

■化粧品の保存方法

皆さんどうやって化粧品保存していますか?
自分専用のドレッサー?洗面所に出しっぱなし?
化粧品の保存方法は、品質に影響を与えるので、鮮度と共にとても大切なことなのです。
よく、ドラッグストアなどで化粧品が安売りされていることがあります。
パッケージの破損なんて全然問題なくてラッキーなのですが、新商品の入れ替え時には、消費期限をチェックしておかなければなりません。
しかし、パッケージを見てチェックできる消費期限は最低ラインだとして、その店がこのような状態で保管していたのかは見ることができないので、そのお店を信用するしかないですよね。品物の回転がよくて、店舗もキレイという印象で判断するしかないのかもしれません。
購入する時には、結構シビアに品物を選ぶ私達ですが、意外と自分のものになってしまうと、ぞんざいな扱いをしてしまうこともあります。消費期限の切れた化粧品を使ったり、いい加減な保存をしていないか、見直してみましょう。

まず、基本的なことは、肌につけるものなので、雑菌の繁殖を防ぐことです。
開封した化粧品は、使うたびにきちんと蓋を閉めましょう。
当たり前のこと…なんですけど、化粧水のふたなど、ついつい開けっぱなしで置いてありませんか?
一般的な化粧品は、常温か涼しい場所で保存しておくだけで十分です。
ただ、防腐剤や保存料などが入っていない化粧品は、腐りやすいので冷蔵保存したほうがよいものもあります。
直射日光は厳禁です。
洗面所や、ドレッサーなどでも光が当たるところには置きっぱなしにせず、戸棚や引き出しの中にしまう習慣をつけておきましょう。

++ 記事一覧 ++

スキンケア

化粧品

お肌トラブル

美白について

健康情報

リンク集

運営者情報