酸化防止剤

■酸化防止剤

酸化防止剤とは、製品中の成分の酸化を抑制するために添加される抗酸化物質です。
つまり、腐りにくくするための成分です。
本来、肌につける化粧品は、食料と同じく、できるだけ新鮮で、添加物の少ないものの方がよいのですが、ある程度まとまった量の化粧品は、使いきるのに時間もかかるので、酸化防止剤が入っているのが一般的です。

酸化防止剤として用いられる抗酸化物質には、つぎのようなものがあります。

・ビタミンC(アスコルビン酸)
・ビタミンE(トコフェロール)
・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
・エリソルビン酸ナトリウム
・亜硫酸ナトリウム
・二酸化硫黄
・コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸)
・緑茶抽出物(カテキン)
・ローズマリー抽出物

++ 記事一覧 ++

スキンケア

化粧品

お肌トラブル

美白について

健康情報

リンク集

運営者情報