外国製の化粧品

■外国製の化粧品

外国製の化粧品というと、香りがきつく、肌トラブルが起こりやすいという印象があります。

日本国内で販売されている化粧品は、日本の薬事法や化粧品の基準に照らし合わせて販売されています。
日本製でなくても、輸入商品でも、日本人が安心して使えるように販売されているのです。

ただし、正規に化粧品として輸入されているもの、という意味になります。

雑貨として輸入されるもの。
個人輸入したものが販売されているケース。
外国からのお土産…などなど、
実際には、日本の基準になっていないものもたくさん市場には出回っています。

人種によって、肌質が違うし、求める効能も違います。
基本的に欧米人が体臭がきつく、香水でカバーする風習があるため、香料がきつめです。油分の配合具合もだいぶ違うそうです。
アジア人は肌が薄く、敏感なため、有名な外国のブランドの場合、日本用に配合を変えているものもあるのだそうです。

最近は、美容先進国と言われる韓国の化粧品が良く見られます。
アジア人同士で肌質が似ていることと、安価で購入できるため、人気があります。

外国製品を使うときには、アレルギーテストが済んであるかどうかを確認しましょう。
パッケージに、アレルギーテスト済みという記載があります。ただし、どんなアレルギーでも、100パーセントということは無いので、ほとんどの人は大丈夫だった…というぐらいの理解でいてください。

もしも肌トラブルが出てしまった場合、もちろんすぐに使用をやめましょう。

++ 記事一覧 ++

スキンケア

化粧品

お肌トラブル

美白について

健康情報

リンク集

運営者情報