ビタミンC誘導体

■ビタミンC誘導体

人間の体には、ビタミンCが必要です。ビタミンCは、コラーゲンを生成する過程で必要なビタミンで、強い抗酸化作用をもっています。つまり放っておくと、古くて錆ついてしまう細胞を、新しくするために必要なのです。ビタミンCが不足すると、コラーゲンの生成が進行せず、皮膚が硬くなってきます。肌のハリを保ち、粘膜の健康維持のためにビタミンCの吸収を積極的に行いましょう。

健康維持のため、利用のためにと、まず食べ物からビタミンCを積極的に取り入れますよね。
体内で摂取されてビタミンCは、まずは、体内の必要な部分から消費されていきます。ですから、体の中からきれいにするという意味では必須栄養素なのですが、肌の表面を活性化させるためのビタミンCは、なかなか食物からは補えないのが現状です。
では、レモンパックなどで、直接ビタミンCを吸収させる方法はどうでしょうか。実は、ビタミンCが直接肌に吸収されるのはごく微量で、残念ながらその効果を発揮しにくい成分なのです。しかも、ビタミンCが豊富に含まれている柑橘類は光毒性があり、直接スキンケアの材料として使うには不向きです。

そこで、化粧品には、ビタミンCを肌から効率よく吸収されるように作られた「ビタミンC誘導体」が含まれています。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの弱点を改良したものです。
ビタミンCよりも角質層に浸透しやすく、長時間皮膚にとどまるように改良されています。活性酸素の発生を抑え、皮膚の抗酸化作用を高め、メラニン色素の生成を抑制します。

<効用>

活性酸素の除去
ニキビの色素沈着の防止
メラニン色素抑制
くすみ、小ジワ、たるみ防止
アンチエイジング(肌の若返り)効果

<注意>
紫外線で分解しやすいので、日光に当たらない場所に保管する

◆水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の多くは、水溶性のものです。
ビタミンCは、水に溶けると壊れやすく吸収率も低いため、リン酸と結合させることで吸収率を高め効果を持たせたものです。
化粧水や美容液など、成分をベースとした化粧品に配合されています。

<特徴>
短期間で皮膚に吸収され、即効性がある。
メラニン生成を抑える。
新陳代謝をアップし、色素沈着の改善を助ける。
皮脂分泌をコントロールする。

<表記成分>
リン酸アスコルビルナトリウム
リン酸アスコルビルマグネシウム


◆脂溶性ビタミンC誘導体

水溶性に比べると即効性がないのですが、刺激が少なく吸収率が高いという性質をもっています。
水溶性に比べて肌に刺激を少なくし、浸透力に優れています。
クリームやジェルなど、油分が含まれた化粧品に配合されています。

<特徴>
皮脂膜や角質層への吸収率が高い。
刺激が少なく安定性がある。
保湿性が高く、乾燥しにくい。
敏感肌、乾燥肌のトラブル改善。

<表記成分>
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
パルミチン酸アスコルビル


◆新型ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の特徴である即効性と、脂溶性ビタミンC誘導体の特徴である浸透力を兼ね備えたものです。
進化型ビタミンC誘導体・アプレシエ・APPSという記されているものもあります。
ン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加し親油性を獲得したもので、ビタミンCのデメリットであった乾燥と刺激を抑え、効果を最大限に生かせます。
効果が高いだけに、値段も高価なのでまだまだ一般的とは言えませんが、どんな肌質にも使えるオールマイティなビタミンCとして普及すると思われる成分です。

<特徴>
皮脂分泌の抑制。
細胞の奥までの浸透力
活性酸素の除去。
皮膚の活性化。
コラーゲン合成の促進。
保湿力、乾燥を防止し、ニキビ肌の改善。

<表記成分>
APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
アプレシエ

++ 記事一覧 ++

スキンケア

化粧品

お肌トラブル

美白について

健康情報

リンク集

運営者情報